<< さあ、秋植えの野菜の準備を始めようか | main | アメリカの山火事は台風の影響!? >>
2048年食卓から魚が消える

 去年に続いてサンマの不漁が報道されています。

 こういうときに思い出すのが2048年には魚の絶滅で、食卓から魚が消えるという説です。これは、アメリカの科学雑誌「Science」に掲載された論文の説です。ちゃんとした科学的な論文でして、怪しげな予言者の予言ではないのです。

 志賀島の魚の行商の方に聞いても漁獲が減っているということですし心配ですよね。温暖化で魚の回遊が変化しているというし、汚染がひどくなっている。そのうえ世界では魚の消費が増えているということですから、魚を守っていく策を練らなければ日本の食文化も消えていってしまう・・・食糧危機ですよね。

 一人ではできませんが、みんなで考えていかなければならないですね。まずは、状況を知ることが大切だと思いますので、調べていきたいと思っています。さまざまな環境問題などアップしていきたいと思います。

 2048年、28年後は95歳ですから、まだ生きているでしょう。魚がいない海なんて見たくないですからね。

 

今日の『健康ブログ』は「五十肩で1年も動かず痛い・・・肩甲骨調整で(*^^)v」です

| 自然や環境を考える | 16:23 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
体の爽快館

体の爽快館
PROFILE