<< ツバメが来ない・・・ | main | ゴーヤはプランターに植えました >>
9月入学なんて後回しでよかろうもん

 昨日、夏の高校野球も中止になりましたね。野球に青春をかけてきた高校生たちには大きなショックだったでしょう。

 新型コロナの世界的流行が無ければと考えてしまいます。この経験を活かしてほしいというのも他人事のような響きでつらいですね。県単位などの試合ができないか考えてみると監督や高野連の方々が話しておられますので期待したいです。

 先日、学校の年度の始まりを9月にするという話が持ち上がりました。今年の学校の混乱した状況を収集させるための話だったと思います。しかし、9月にするならどうするかということで、研究者のかなりの費用や人員体制の確保が必要だという見解が出てきました。ただ4月を9月にすればいいというものではないですよね。

 これに関して文科省が出した想定案が2種出てきました。数年かけて1か月づつ1学年の人数を増やしていく案と一気に9月生まれの子からの学年を作るという方法のようです。

 予算もかかりいびつな学年編成が出てきたりするということが今必要かと思うんです。最初に出てきたのは、今年の混乱を収めるためにはということでの提案だった・・・しかし、これはややっこしいし現場の混乱が予想されるということが分かったということです。それなら、緊急事態の今検討するのではなく、これが収まってからじっくり検討すべきですね。

 まずは、現在の条件の中での子供たちの負担が少ない方法を考えるべきですよね。長期の休みの分を取り戻すことを考えていくことこそ大切だと思います。良かれと思ったことで、やってみたら混乱が更に大きくなったのでは困ります。

 この混乱が、教育現場でどう収束されていくか、私たちの大きな問題だと思います。私も学年の始まりが9月になるということの問題の大きさを簡単に考えすぎていました。子供たち中心に考えていくことが一番大切なことだと思います。

 

今日の『健康ブログ』は「爽快館は23年目突入」です

| 子ども達のこと | 14:24 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
体の爽快館

体の爽快館
PROFILE