<< 体重変化せず (^O^) | main | 小泉純一郎さん、やっぱり原発はゼロですね >>
『「10%消費税」が日本経済を破壊する』はオススメの本です

 今年は元号が変わるということと10月に消費税が10%になるということが大きく取り上げられていますよね。

 元号が変わるということは確定でしょうが、消費税が10%になるということは法的に決まっています・・・が、これは大変な問題ですよね。

 ということで、正月に読んだ本で『「10%消費税」が日本を破壊する』という本がとても消費税を考える上で参考になると思いますのでオススメです。著者は内閣官房参与で京都大学大学院の教授ということでして、政権に関わっておられる保守と言われる方なんです。その方が「日本経済が破壊される」との警鐘を鳴らされておられるというわけです。

 消費税が8%になって以来、私が参加している民主商工会(民商)の会員さんの多くは大変厳しい状況が続いている方が多いんです。本当に私たち業者は身を持って国民の大変さを感じています。

 こういう中で大企業は景気がいいようで400兆円もの内部留保が溜まっているんです。これは、国家予算の4倍ですよね。でも、働いている方々は派遣労働者などの非正規雇用の労働者や外国人の労働者などが多くなっています。低賃金の労働者が増えて、消費税でお財布も厳しくなってお金が回らなくなってしまっている。お金が回らないからデフレは回復はせずに長引きデフレスパイラルという状況です。

 ここで、消費税が10%になれば更にお金が回らなくなり「日本経済が破壊する」ということになろうとしているんです。消費税を上げなければ財政破綻してしまうという声があるのでしょうが、それについての反論が面白くタメになる。「ああそういうことか・・!」という感じです。現況の日本経済が理解できますね。それでも、安倍首相は反論されるでしょうが・・・ヽ(`Д´)ノ

 この本によると、世界中でGDPが伸びてない先進国は日本だけということですよ。数字で詳しく解説されています。このままでは、日本が先進国でなくなってしまいますよね。

 今年はもう一つ大きな行事がありましたね。統一地方選挙と参議院選挙です。ここで、消費税10%増税に反対する野党が共闘をして増税をなんとかできないか・・・・というのが読んで考えたことです。

 是非ご一読されることをオススメします。よろしくです m(_ _)m

 

今日の『健康ブログ』は「歪んだ身体で長時間歩いたら・・((((;゚Д゚))))」です

 

| わたし思うんですけど・・・ | 14:45 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
体の爽快館

体の爽快館
PROFILE