日本人初の宇宙飛行士秋山さんは語った

 日本人初の宇宙飛行士秋山豊寛さんの近況が『週刊現代』の9月8日号で紹介されていました。

 秋山さんは宇宙からのテレビの生中継を成し遂げた後に、53歳でTBSを早期退職されて福島県の滝根町で農業に取り組まれたということです。そして、東日本大震災にあったが原発から32キロ地点で国や東電の保証はほとんどないまま自主避難されています。

 秋山さんによれば、福島の農家は作物を作られないという環境に置かれていても、その保証はないということです。

 昨日のニュースでは原発の汚水を薄めながら海に流すという案に漁民の方々の怒りが映し出されていました。まだまだ、原発の問題は解決してないし、さまざまな問題が生み出されているというのが現状ですね。

 今も、日本の政府や電力会社は福島の事故に学ぶことを拒んでいます。日本のような火山が多く、地震が頻発するところに原発が存在することは危険すぎます。

 こうした中、秋山さんは原発に反対する会に所属し、その活動に参加されておられるということです。

 「〈まだ死ねない〉って気分です。あの原子力ムラの連中がなんの罰も受けないのに、自分が先に死ぬわけにはいかない。」という秋山さんの言葉は原発の恐怖を実を持って体験された実感だと思いました。

 原発を日本から無くすということで発電の方法を考えればできること、いや、現実に原発が稼働しなくても電力は足りていたではありませんか ヽ(`Д´)ノ

 記事の中に「・・・地球はね、ものすごく綺麗なものなんです。でも、地球を取り巻く大気というのは、宇宙から見るとりんごの皮よりさらに薄い。地球は非常に壊れやすい星なんです。そのナイーブな星のなかに、たくさんの人が暮らしている。支えあう生態系があって、僕らの暮らしが成り立っているのです。・・・・」という秋山さんの言葉がありました。私たちの生命を育む地球は使い放題では荒れ果ててしまうんです。再生させながら大切にしていかないと汚染されて私たちの子供や孫に大変な思いをさせてしまうんです。

 素晴らしい地球を残していきたいと思います。

 

今日の『健康ブログ』は「妊婦さんの腰痛」です。

| 原発とさよならしよう! | 18:03 | - | -
玄海原発再稼働

 玄海原発が再稼働しました。

 原発が火山が多くあちらこちらに活断層が存在し、地震が多発する国に相応しい発電かということは疑問です・・・というより適合しない発電ですね。

 ドイツや台湾などでは、福島の事故以来国民の反対の世論で原発を廃止する方向へと向かい始めています。日本では多くの市民運動とともに首相経験者である小泉純一郎さんや細川護熙さんなども反対運動を行っています。冷静に考えれば安全性を疑うことのほうが真っ当だと思いますが・・・・。

 玄海原発が再稼働する必要性がどこにあるのかも疑問ですし(電気は足りている)、周辺の自治体の同意は得られないままでの再稼働です。30km圏内の3県の8市町村のうちの壱岐市など4市町が避難の難しさから反対を表明しています。電力会社との同意権を持つのは県と原発が立地する市町村にカゴられるということで、同意が得られたということにっているようです。

 事故が起これば福岡市周辺から長崎県へも影響が及ぶでしょう。爽快館がある大岳にも風に乗って放射能が来るでしょう。そんな不安は無視されているんです。

 安倍首相は、原発事故を反省するどころか外国に輸出しようとしているんです。そのためには、日本でも原発は動いていますというところを見せなくてはと思っているのでしょう。国民の安全とはかけ離れた安倍首相は許せませんね。

 事故が起こって避難してではダメなんです。放射能が出続けて末代まで大きな影響を及ぼすんです。最大の事故の予防は原発を廃止していくことでしかないのです。

 再稼働に反対する国民の声を大きくして原発をなくしていかねばならないと思います。

 

今日の『健康ブログ』は「施術料は努力して安く維持しています」です。

大変良い施術が安く受けられるということはスバラシイことですよね (^O^)

| 原発とさよならしよう! | 20:42 | - | -
福島第一原発事故から学ばねば・・・

 東日本大震災から7年が経ちました。

 多くの生命が奪われました。犠牲になった方々の冥福をお祈りします。

 そして、あの福島第一原発の事故も7年たっても多くの問題が存在しているようです。避難区域となり自宅に帰られない方々が存在しています。また、避難区域が解除になったところもありますが、果たして安全なのか・・・農家の方々に農業で生きていけと言われても安全な作物が作れるのか・・・子供たちの甲状腺ガンが異常に発見されています。

 原発の後始末が大変です。安倍首相がオリンピック招致するために行っていた「完全にコントロールされている」は本当ではないですよね。これから何十年かかるかわからない。

 このような状況の中で、原発の再稼働が進められているということは許せませんね。

 電気は国民の協力で省エネが進み、原発での発電がなくても不足することはありません。それなのに何故再稼働しなければならないのでしょう。ドイツや台湾、ベトナムなどは福島に学んで原発をやめたということです。一番学ばなければならないのは日本の電力会社と政府ですよね。

 小泉元首相や細川元首相など総理大臣経験者が、福島の現実をみて反対運動に立ち上がっているというのに再稼働を進めるのはおかしいと思います。火山国であり地震が多発するという国での原発は絶対に反対です。

 そして、原発を輸出するということは信じられません・・・・そうか、輸出するというのに日本では原発は危険だから稼働してませんではおかしいということか。それでは、原発が輸出できないということなのか・・・。でも、国民の安全を考えるのが政府の仕事だろうヽ(`Д´)ノ しっかり復興に力を入れ、被災者の保障をして行くべきでしょうが ヽ(`Д´)ノ

 被災者のみなさんの生活が成り立つことと、私たちの安全のために、声を大きくして叫ばなければならないと思います ヽ(`Д´)ノ

 

今日の『健康ブログ』は「いろんな施術を受けられたのでしょうが」です

| 原発とさよならしよう! | 21:43 | - | -
福島県沖でM7.4の地震が

 また、福島県沖でM7.4震度5弱の地震が発生しました。

 そして、地震で福島第2原発の使用済み燃料プールの冷却装置が一時停止したということです。ポンプ停止で、一時間に0.2度づつ上昇するということです。1時間40分後に運転再開したそうですが、不安がわきおこります。

 やっぱり、これだけ地震が起こるなら原発は危険だと思います。再稼働したり、40年以上たった廃炉にすべき原発の使用を延長することにしたり、大丈夫なのか・・・・いや、大丈夫でないと考える方が当たり前と思うんです。

 電気は、不足することなく賄えています。なぜ、原発を使おうとするのか・・・・

 先日、台湾で原発を見直していくことになったというニュースを聞きました。そして、ベトナムも予定していた原発を辞めるということにしたそうです。これには、日本の原発メーカーが入る予定であったとか。

 ドイツや台湾、それにベトナムの国々は、福島の惨事を見て原発をやめているのです。当の日本の政府は、大きな被害を出し未だに避難しておられる方々がいるという現実から学ぼうとしないのはおかしいですよね。子供たちの放射能の影響も心配です。

 外国に原発を輸出するより、脱原発の技術を作り上げて国内でひろげて輸出を考えていくという方がこれからの世界の大きな流れにあったものだと思います。

 しっかり、日本の福島の現実と台湾やベトナムなど世界の流れを見つめて欲しいと思います。

| 原発とさよならしよう! | 16:45 | - | -
台湾が「原発ゼロ」へ

 先日の朝日新聞によれば、台湾の蔡英文政権が「原発ゼロ」に舵を切ったということです。

 全原発が可動を終え原発ゼロになるまでに9年を要するそうですが、福島第一原発の事故で安全性への不安が広がり高まった反原発の世論を背に、政権をあげ推進するということです。

 これまで、台湾では原発の不具合で電力が逼迫する自体も起こったということです。しかし、民意を反映させ、政権は「原発ゼロ」の実現を進めていくそうです。

 

 日本では、原発が全て停止していても電力が不足することもなかった。そして、これからさらに節電に努め再生可能な自然エネルギーの利用を進めて行くことができると確信します。

 

 世論なんて関係ないというような政権は問題ですね。

 

 原発事故の原因究明はなされないまま、原発の廃墟はそのままで放射能はコントロールが出来ているなんてありえないと思うのですが。

 放射能の汚染を受ける子供たちはどうなるのか・・・

 

 「原発ゼロ」の日本、安心して暮らせる日本を残していきたいと思います。

| 原発とさよならしよう! | 09:17 | - | -
また地震ですね

 昨日、鳥取で震度6弱の地震がありました。

 被災されたみなさんに心よりお見舞い申し上げます。

 福岡西方沖地震の時に余震に怯えて過ごしたことなどが蘇ります。

 

 熊本に続いた大きな地震。

 日本は地震国であるということを再認識させられますね。

 地震となれば、「原発は異常がありません」という速報が流れます。もし、異常があったらどうなるのでしょうか。多くの人々が避難することになる・・・でも、川内にしろ伊方にしろまともな避難計画など無い状況のようです。

 

 もう、再稼働させてはいけないと思います。多くの国民がそう思っているんです。鹿児島や新潟の知事選の結果をみてください。

 もし、どこかの原発で事故が起こったら、もう日本はおしまいです。狭い地震国に放射能が広がってしまいます。風評被害のどうのという問題でなく、現実に放射能の汚染で子供たちはどうなるのでしょう。外国に農産物や海産物を輸出とかなんとか言っていますが、そんなことできなくなってしまいます。

 また、地震がなくても原発で使った核燃料の後始末の方法がない。この状態を、トイレのないマンションに住むようなものという表現があります。これは、言い得てますね。

 地中に埋めても地震国です。大丈夫だとは思えません。

 

 電力が足りなくなるとかいったことは無かったですね。このまま、節電をすすめ自然の力を利用した発電に変えていくことが、子供や孫たちに安全な生活を保証することになるでしょう。

 

 地震の度に、「原発は大丈夫でした・・・」はもう聞きたくないと思います。原発とさよならしましょう!!!

 「原発で事故が起こりました」というニュース速報が流れたとき、日本の終焉が始まる・・・。

 

| 原発とさよならしよう! | 19:24 | - | -
川内原発は停止しなければ!!
 最初の震度7の地震から一週間が過ぎました。
 今朝のニュースで、この間の震度1以上の自身が750回を数えたということです。とにかく余震が続き地震情報が iPad に連なっています。そして、大分の断層・阿蘇の断層が動き始めて震源が拡散していく感じですね。
 一昨日でしたか、報道ステーションで断層のズレが、今度は南の方に伸びた日奈久断層の方に影響をあたえるということを伝えていました。この直後に八代で震度5の揺れ・・・・原発は大丈夫なのかと不安になるのは当然ですよね。
 大丈夫ですと言いながら、事故が起こったら「想定外のできごとでした」で済ますつもりなのだろうか????
 今朝の朝日新聞の天声人語でも自動車の運転にたとえて「大丈夫だろう」の危険性を説いています。新幹線で非難するとか、車で高速で道路を通って非難するとかいう非常識な避難計画がまかり通っているようですね。新幹線は止まり、高速道路も不通になっているし、道路は渋滞で支援物資を運ぶのにも苦労しているのに。
 ここは、まず原発を止めることが優先させるべきですよね。
 福島の原発は津波の前に壊れていたという声もありますから、地震の発生とともに安全性の確保をするべきですね。
 ドイツは福島に学んで原発をなくそうとしていますが、日本の電力会社は原発にこだわる・・・国民の安全な生活よりも優先するモノがあるのでしょう。
 原発を止めろの声が大きく広がっています。この、声を無視しないで欲しいと思います。
| 原発とさよならしよう! | 11:58 | - | -
原発事故から4年
 昨日で東日本大震災から丸4年がたちました。
 震災で多くの生命が奪われ、街は破壊されてしまいました。この天災で起こった原発の事故は人災です。安全性だけを強調してきたが、現実は全く違ったものでした。
 震災での多くの犠牲に加えて、原発事故で出た放射能で故郷をせてなければならない方々・・・・。いまだに高い放射線量が消えない地域もたくさんある。福島第一原発は今も放射能を出し続けているというのが現実です。
 「福島は完全にアンダーコントロールされている」とか言ってましたが、オリンピック誘致のための方便ではないのか。嘘も方便?
 今必要なのは被災地の復興に全力を上げることと、二度と原発事故が起こらないように原発はなくしていくことだと思います。首相経験者が二人も原発をなくそうとよびかけています。ドイツのメルケル首相は福島から学んで原発をなくす事を決めたということです。
 事故を目の当たりにした日本の現首相が、この危険な原発を外国に売り込む・・・ちょいとおかしなことだと思いませんか!
 武器輸出もそうですが、独占的大企業のための政策が優先されているのでは?
 大企業が潤っても国民は潤わないと思うのは私一人なんでしょうか?
 国民の生命を守っていくことが最優先にされなければならないのでは・・・と震災の日に犠牲者のご冥福を祈りながら考えました。
 
 
| 原発とさよならしよう! | 07:28 | - | -
本当に大丈夫ではないですよね・・・原発
 御嶽山が噴火して多くの犠牲者が出ています。
 犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 予想もしない状況で、たくさんの登山客がおとづれている状況での噴火でした。日本は火山国・地震国ということを思い知らされました。日本中にたくさんの火山が存在します。富士山だって噴火の危険性がいわれています。
 地震も東海地方を始め、いつ起こってもおかしくない状況だと報道されています。こんな中に、原発が存在していた大丈夫なのだろうか・・・と心配になりました。
 福島第一原発の事故原因もちゃんと究明されてないという状況です。原発が大丈夫なわけがないというのが本当のところだと思いますよね。あれほど、電力不足を訴え続けていましたが、電力は足りています。太陽光発電は天気や季節で発電能力が安定しないとかいいますが、蓄電の技術を充実させていけば解決できると思うのですがどうでしょう。
 山内原発や玄海原発に事故が起こったら、偏西風に乗って日本中を覆うことになります。以前から言っているように避難方法がどうのこうのの問題ではなく、日本の経済はガタガタになってしまうのは目に見えていませんか!
 火山国・地震国の日本の国民の安全を真剣に考えて欲しいと思います。
 
 大きな犠牲を出した今回の噴火でいろいろと考えさせられました。
 国民の命と生活を考えることこそ、民主主義の国の政治の役割だと思います。

整体の爽快館のホームページは http://www.sookaikan.com/
 
| 原発とさよならしよう! | 18:14 | - | -
小泉元首相の脱原発発言
 先週のニュース番組をにぎわしたことの一つに、小泉元首相の脱原発発言がありました。
 福島の原発の事故から、その危険性を認識してフィンランドへ行って、高レベル放射性廃棄物の処分場も見てきたということです。その結果、原発は危険である、政治家が脱原発にリーダーシップを発揮しないと進まないということを発信されているということです。
 核廃棄物の危険性がなくなるのが10万年後だといいます。なんと、危険なものを日本中で使っているのでしょう。再稼動すれば、核燃料の廃棄物がたまっていくんですから恐ろしい。小泉元首相も、そう考えられたのですよね。
 これまで、脱原発を訴えてきた方々が言ってきたことと内容は代わらないと思うのですが、原発を推進してきた方々の一人である小泉氏の発言は重みがあります。安倍首相について、みんなの党の渡辺代表との話で「首相が脱原発を決めれば前に進むのに残念だ」と述べたいうことです。
 原発の危険性は隠しようも無いことです。事故が起こらないということは絶対に無いし、活断層の上に作られた地震国の原発が安全なわけも無い。核廃棄物の処分の方法も決まらないままです。今後、50機もある原発の内の一つでも事故が起これば日本はお仕舞いでしょう。
 まともに考えることが出来る人は、原発はこれ以上存続させるべきではないと考えるのが当然だと思います。人類は核兵器と原発とは一緒に生きてはいけない。大きな世論にしていきたいですね。政治家さんたちは政党の垣根を越えて国民のために最大限の努力をして欲しいと思います!!

整体の爽快館のホームページ http://www.sookaikan.com/
| 原発とさよならしよう! | 20:05 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
体の爽快館

体の爽快館
PROFILE