高校生はまだ身体が出来上がってないので無理は禁物・・・

 高校野球も終わって、試合についてのさまざまな報道に感動している涙もろくなった爺です。

 そして、これまでも言い続けられたことにピッチャーの投げる球の多さです。これではさまざまな障害が残ってしまうというレベルですね。

 今日のテレビの情報番組『ひるおび』でも取り上げられていました。桑田さんも注意を喚起するコメントを出したということでした。投げ過ぎにならないように大人が指導すべきだということも仰っています。

 アメリカでは、1回試合で投げたら4日休むようになっているということです。甲子園で投げた投手はプロに行っても松坂さん以外はあまりいい成績は残せてないとか・・・高校野球が原因とははっきり言えないようですが、今後ちゃんと調べて欲しいですね。

 コメンテーターも口々におっしゃてましたが、大事なことは高校生は身体ができてないので無理はいけないということですね。

 少年野球や中学校の部活をする子供たちも来院し、痛みがあるが明日の試合に出るので何とかしてと言われることがあります。何とかしますが、疲労がたまりすぎると身体に問題を残すことにもなりかねませんので休むことをススメています。しかし、お父さんお母さんは、試合に出ることが忍耐力が育つとか思っているような感じですね。試合に出る子供の勇姿を見たいというのは、親の都合ではないかと思うのですが・・・・。

 辛い時には身体の状態や、心の状態をみながら休む判断することを覚えることのほうが将来のためになると思うんですよ。

 子供だからタフだとか頑張ればできるとかは大人の勘違いです。高校生までは、身体が成長の途上です。休みを取りながら将来の夢を見据えて育てていって欲しいと思います。

 

今日の『健康ブログ』は「首は押さない・揉まないことがだいじですよ」です。

首が凝ったので自分でもんでますは危険です。脳梗塞の危険も・・・

 

| 子ども達のこと | 17:39 | - | -
今日も運動会でた

 今日は福岡市の中学校の運動会の日でした。

 妻は息子の方の孫の運動会へ行き、私はすぐそばの志賀中学校を施術の合間をぬって覗きに行きました。でも、私の合間に合わせてプログラムが進行するわけでもないし・・・団体競技は同じくらいの子ばかり(当たり前ですが)で、どれが孫はわからないという状態でした。

 まぁーみんな頑張っているということで大きな拍手をおくりました。

 孫たちもいつの間にか大人と変わらない身長になって来ました。どんどん大人のようなことを言うように成長してきています。今後が楽しみですヾ(@⌒ー⌒@)ノ。

 爺さんも、歳をとっても筋肉は成長するし、脳だって成長するということを示すために頑張っていきたいと思います。爺さんもこれからが成長期です。でも、爺さんの成長は若者に勝るはずはない(涙)すぐ孫たちに抜かれてしまうのだろう・・・と思うと嬉しくなってきますね(笑)。

 孫たちが、平和な世界で美しい自然に囲まれて、人々と助け合いながら生きていける社会と地球を残して行かなければと真剣に考えなければならないようですね。これは、大人たちの責任ですよね。

 運動会を楽しいものにしてくれた中学生のみなさん、先生方お疲れ様でした拍手

 

今日のホームページの『健康ブログ』は「さらに筋肉を緩めることができます」です。

筋肉を緩める技術がさらに深まっています。

 

 

 

| 子ども達のこと | 17:11 | - | -
「21世紀の子供たち」

 朝ドラの『べっぴんさん』で1970年の万博に、主人公たちの会社キヤリスが子供のファッションショーを開きました。テーマになったのが『21世紀の子供たち』ということでしたね。

 私が高校2年生で、修学旅行で万国博に行ったことを思い出します。

 あの頃は、ベトナムに米軍などが入り込んで戦争が続いていました。沖縄返還が迫っていましたが、沖縄に核兵器があるのでは・・基地は残って・・とさまざまな分からないことがありました。大学は学費値上げ反対闘争から体制批判へと進んでストが行われたりでした。

 しかし、私たちは頑張れば生活が豊かになっていくし、戦争も21世紀には無くなっていくのではと希望を持てる時でしたね。ちょうどドラマの登場人物たちのイキイキとした姿が日本中にあったと思います。

 しかし、21世紀になってみると若者たちの仕事の多くは非正規で生活もままならない。働こうにも保育所に預けることができない。年金は下げられ、老後がどうなるか・・・戦争の危険性が広がってきた・・・思いもよらぬ21世紀です。

 私たちの希望が打ち崩されてきた・・・これは、私たちにも責任があるのではないかと考えてしまいます。子供たちが夢を持てる21世紀を語ったことを忘れずに、声を上げなければと思います。

 子供たちが夢を語れるにはどうすればよいかを語り合い、今できることをみんなでやっていきたいと思います。

 荒れ果てた地球、格差の社会を残さないために・・・これから夢見た21世紀の社会に変えて行くことが爺さんたちの使命と思います。

| 子ども達のこと | 17:42 | - | -
自分の責任を自覚せよ!!
 また、中学生の悲しい事件がありました。
 親の暴力に耐えかねて児童相談所に相談していたにも関わらず、きちんとした対応がされず自分で生命を絶ってしまった中学生。どんなに辛かったか・・・。
 記者会見で児相の所長は、「対応は間違っていなかった」と語ったということです。子供が死を選ばざるを得ない状況に気づかずにいたことが「対応は間違っていなかった」ですか・・・・!
 「申し訳なかった」というべきところではないか!
 「どこに問題があったのか検証する」ということがなぜ言えないのか!
 親もインタビューに応えていたが、まともな親とは言い難いと思いました。なぜ、本人がのぞむところをの対応をしてあげられなかったのか疑問だし、児相の所長が自分の仕事を理解しているのか疑問です。この人はちゃんとした大人なのだろうか・・・と腹立たしさがこみ上げてきます。もう、このような悲しい事件が起こらないようにして欲しいと思います。
 学校のミスで、やってない万引きが記録されていて推薦ができないと言われてなくなった中学生の担任。こんな大事な問題を立ち話で片付けたそうですね。ご両親も交えて、ジックリ話すべきことではないでしょうか。そうすれば、ミスも見つかったのではないかと思います。この担任も自分の仕事を何だと思っているのでしょうね。先ほどの所長といい、この教師といいまともとは言い難いです。
 二人の生命を奪ったものは、何だったのか真剣に私たち大人が考えて行かなければならないですね。

 本当に亡くなった二人は辛かったでしょう。
 ご冥福をお祈りします。
 
| 子ども達のこと | 19:08 | - | -
最高裁判決・・・子供のおこした事故は親の責任? 
 昨日、子供が起こした事故の責任を巡って最高裁の判決がでましたね。
 学校で遊んでいてサッカーボールが塀を越え、通行中のバイクに当たり転倒して骨折されたことが原因で寝たきりになり亡くなった。それで、この責任を子供が負えないから親に賠償責任があるということで訴えられた。
 一審・二審とも親の賠償責任を認めたということですが、今回の最高裁は親の責任を限定した初めての判決だということです。しかし、この事故はサッカーのボールが学校の塀を超えるということに着目すれば、学校や学校を管理する自治体の責任こそ問うべきではないのかと思うのですが・・・・。
 子供と親との責任とされたのは、何故か疑問を持ってしまいます(私が法律に疎いからかもしれませんが・・・)。
 もう一つ思うのは、子供の責任は親の責任と自己責任論的な見方で良いのかということです。子供は、これからの地域や国を担う存在です。地域や国の宝です。地域や国全体で見ていくべきだと思うのです。何も、責任を転嫁するということではないのです。キャッチボールをしていて、近くで遊んでいた子の胸にあたって死亡して、ふたりの親が賠償責任を問われて3000万円で和解したということです。現場を見てないで言わせていただきますが、もっと広い遊ぶところがあればこういう事故も防げたのではないかと思うのです。
 私の周りも、遊びまわる場所が減っているというのが実感です。子供たちがのびのびと安全にあそびまわれる場所を作っていくということが大切じゃないのか。狭いところで遊べばさまざまな怪我の元にもなることも多いのでは・・・・。
 子供たちがのびのびと遊び回れる安全な空間を作ることが求められているのではないでしょうか。そして、地域の宝として、誰もが子供たちが危険なことやモラルに反することをしていたら注意していくことも大切ですよね。
 そのためには、大人が協力していい地域を作っていくことが必要ですね。

整体の爽快館のホームページは http://www.sookaikan.com/
 
| 子ども達のこと | 18:44 | - | -
ウァー夏休みじゃん
 小学生が早く変える姿を見て何事か・・・と思いましたら、終業式だったそうですね。我が孫も早く帰ってきて通知表の話などしておりました。
 すっかり、もう夏休みということを忘れていて、来週あたりからだろうと思っていたんです。そして、今日は西戸崎神社の祗園祭。子供の頃に西戸崎神社の前の道いっぱいに夜店が並び、見世物小屋もできていたことを思い出します。演芸会など見に行ってきた孫に聞くと、夜店は6軒しかなかったと残念がっていました。
 子供たちも、これから44日長い休みになりますね。みんな元気で過ごせるように大人たちが地域の子供たちに温かい目を向けていかなくては。
 
 子供たちが巻き込まれる犯罪が多発しているのが残念だと思います。子供たちが安心して遊び回られるような地域つくりを考えていかなくてはならないと思います。

 孫たちと楽しい夏休みが過ごせるように、夏バテしない生活を心がけて行きたいと思いますグッド

整体の爽快館のホームページ http://www.sookaikan.com/
| 子ども達のこと | 22:13 | - | -
ふ久はスゴイのだ
 「ふ久」をご存知ですか?
 そうです! NHKの朝ドラのヒロインの「め以子」の長女です。
 このふ久は変わった子でして、子供とはあまり遊ばない、食べたものを美味しいとは言わないしあまり食べない。いつも何を考えているか解らないというような子供です。この子がなぜか学校の二階から石を落として同級生の男の子に怪我をさせてしまいました。翌日は、登校の際に近所のおっちゃんが吸うタバコの煙をジーッと見つめて、学校で煙を出してみようと物を集めて火をつける・・・・・学校からは登校しないようにと言いつけられてしまいました。
 この子が今日、沸騰するヤカンの蓋が持ち上がるのをみてめ以子に何故蓋が持ち上がるのか聞いたのです。め以子は答えきれずに、爺ちゃんに教えてくれと頼んだ。爺ちゃんは鉱山の技師をやっていた理系の人、次々に飛び出す質問に答えていきました。め以子は、ここでふ久が自分が理解できないような視点で物を見ているということに気が付いたんです。
 今日の展開には感動でしたね。大人から観た子供観と実際の子供は違うのですよね。子供はさまざまな疑問や興味をもっているし、色々試したいと思っている。それを押しとどめてはいけないですね。こんなこと子供の頃の自分を振り返ってみると分かることですが、いつの間にかオトナになって子供の視点や感性を忘れているのでは・・・・と反省です。
 我が子は、もう大人になってしまいました。私もオトナチックな子育てをしていたんじゃないかと思います。子供たちはそれぞれ立派に育ってくれました。これは、家庭を考えない私を妻や父・母がカバーしてくれたおかげでしょう。
 孫たちをみるときは、孫たちの視点や感性を思いながらということを忘れないようにしたいと思います。
 「ごちそうさま」は、久しぶりに良い朝ドラだと思います拍手毎朝観るのが楽しみです楽しい

整体の爽快館について知りたい方は http://www.sookaikan.com/  をご覧下さい!
| 子ども達のこと | 21:04 | - | -
体罰とは言えない・・・暴力行為だ!

 桜宮高校のなくなった生徒が、お兄さんに相談して教師に手紙を書いたということをニュース番組で知りました。しかし、その手紙を渡すことをバスケット部の仲間から止められたということで教師には渡らなかったそうです。代わりに部長として頑張るという内容の決意文が渡されたそうです。
 自分の言いたいこともこのようにして言えない環境においておくという教師のあり方はおかしなものです。生徒達の意見も聞きながら伸ばしていくということが当然です。この教師は、自分に従順な子供たちを育てたかったのでしょうか?
 パスを受け損なったということで体罰が与えられるなら、その罰を受けなければならない罪は何なのか・・・・パスを受け損なったのは罪なのか。とにかく腹立たしい限りです。
 この教師は「たたかれてやるのは動物園やサーカスで調教してる動物と一緒や。」と、言ったということです。こんな人権感覚のない暴力男が教師をしているというのは、体罰の是非以前の問題です。この教師のように、たたかなければ指導できない者は教師をするなと言いたい。
 罰されるのはこの教師です。この暴力行為は明らかに犯罪です。こうした暴行を体罰論議の問題にしてはいけないし、このような暴力教師を許してきた学校関係者も充分な反省を求められると思います。現在の学校にこんなことが起こっているなんて日本の恥です。
 私たちが子供の頃は、いたずらが過ぎて先生に平手打ちされることもありました。でも、反省の機会を与えられたとしか思わなかったものです。先生の愛情を感じることが普通でした。
 執拗に繰り返され、生徒の人権も何も無視した暴力は許さないようにさせましょう。体罰には賛否があるでしょうが、これは体罰の是非の問題ではない。学校内で行われている指導能力のない教師によるいじめ的暴力行為だと思います。

整体の爽快館のホームページ http://www.sookaikan.com/

| 子ども達のこと | 18:54 | - | -
よく分からない学校の実態

 教師がちょっと厳しく注意をすれば親が黙っていないので教師は萎縮してしまっている。今の時代は教師は体罰など絶対にできない。そんな話を知人としていました。
 ここで、昔の先生方は厳しく悪いことをすれば平手打ちをくらうのは当たり前だったと続くんですが・・・。
 でも、今の教師の体罰は限度を超えているようです。ことあるごとに暴力を振るうことがまかりとおっている学校の実態が報道されています。私たちが抱いていた学校観が間違っていたのでしょうか。
 息子が中学のときに、PTAの役員をしたのですが生徒の身体を触れただけで暴力といわれるとかいっていた教師がいました。生徒による先生への暴力も問題になっていました。
 いつの間にか学校が変わっていったのでしょうか。我が家の子供たちも成長し教育現場をみるということを忘れていたような気がします。
 地域の子供たちが育つ学校が、私たちの目の届かないところにあってはいけないですよね。地域と教育現場が一緒になって子供を伸ばしていかなければ。反省です。

 
 昨日から、オリンピックの女子柔道強化選手への監督による体罰がニュースになっています。暴力を使わなければ指導できないということが指導者として問題です。
 監督は記者会見で、暴力とは思っていなかったということを言っていました。その感覚がおかしいと思います。信頼が自分の一方的なものだったとか何とかとも言っていたようです。
 スポーツだから、武道だからと暴力が許されては困ります。指導するという立場の人間が暴力で脅しながら指導するなど許せません!!!

整体の爽快館のホームページ http://www.sookaikan.com/
 

| 子ども達のこと | 22:29 | - | -
暴行教師は刑事告訴・・・当然!

 桜宮高校のバスケット部の顧問の教師による体罰問題で、生徒の父親が顧問の教師を23日刑事告訴したということです。
 しかし、この教師は程度が低い。生徒を家畜か何かのように「試合で発奮させたかったのでたたいた」そうです。
 これが教育というものでしょうか? 
 体罰で人を動かせると思っている教師は、自らの無能さをさらけ出しているんです。というより、暴行を加えて人を動かすなどはいけないことだと教えるのが教師の役割のはずです。また、これまでの暴行の現場を見ていた教師たちも見てみぬふりだったとか・・・・。見てみぬふりをせず、勇気を持って暴力を見たらとめに入るということを何故身体を張って教えないのか。こうした、スパルタ式とかいわれるような教育が民主主義の社会に通用すると思い込んでいる頭の悪い教師達に怒りがこみ上げてきます。
 こんな先生ばかりじゃないということもわかっています。だからこそ、こんな暴行を体罰などといってはいけないんです。生徒を殴るような人間は当然罰を受けるべきです。
 学校が一般の社会の常識が通らないところになってはいけない。暴力を振るえば罰せられるという当たり前のことをこんな教師に教えていかなければならないと思います。
 この教師、自分が顧問をしていたバスケット部が勝てば自分の成果だと思い、負ければ顔がつぶれると思うような人間ですよね。教師にふさわしくない。教師は人間を育てるのが仕事です。人間ができてない者に人間は育てられない。

整体の爽快館のホームページ http://www.sookaikan.com/

| 子ども達のこと | 22:28 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
体の爽快館

体の爽快館
PROFILE